大阪で弁護士を探す時の注意点とは

subpage01

弁護士とは法律家の中でも法廷のプロになります。


裁判官や検事、司法書士に行政書士と、世の中には色々な法律のプロがいます。

今よりも大阪の弁護士に関するサポートサイトはここです。

しかしどの法律家にどんな相談をしても大丈夫というわけではありません。

安心できるMBSニュースにまつわる情報をまとめています。

御店屋さんが電気屋と八百屋で売り物がまったく異なっているように、法律家にも仕事の管轄というものがあります。
八百屋さんでテレビは買えませんよね。それと同じです。
裁判官は法廷で判決を下すことが仕事なので、個別法律相談となるとちょっと違います。


むしろ天秤のように中立を保たなければならない立場なので、誰か個人に肩入れして法律的な手助けとはいきません。検事は公益の代表として犯罪や事件に関わる立場ですので、やはり個別の法律相談となるとちょっと違います。

司法書士は裁判所の一部の手続きに関わることができますし、認定を受けると簡易裁判所での代理権が付与されますが、法廷での弁護になると管轄外ということが多いです。

また、本来の司法書士は登記のプロという性質があります。


行政書士は行政への申請や書類作成のプロです。


裁判所手続きには基本的に関わることができませんので、同じ法律家でも弁護士とは大きく異なっています。



法廷、裁判、調停といえばやはり弁護士の仕事の領域となるでしょう。


しかし弁護士に依頼するとしても、やはり心配なのが費用です。
依頼をすると、基本的に費用の他に交通費などの経費も加算されることになります。
大阪で依頼すると考えた場合、大阪の裁判所が管轄であればなるべく近いところの弁護士に依頼した方が費用面では楽になります。


大阪なら大阪というふうにです。